「雪旅籠の灯り」の開催について2018年2月14日

 やまがた百名山に選定されている月山姥ヶ岳湯殿山の麓に位置する西川町志津地区は、江戸時代、出羽三山に向かう六十里越街道の宿場町として大変栄えたところです。また、冬場は積雪が6mにもおよぶ県内有数の豪雪地帯でもあります。志津地区では、この雪という資源を活用し、2月下旬から3月上旬にかけて昔の旅籠を再現する催しに取り組んでおり、今年で13回目を迎えます。幻想的な雰囲気の中で、アイスバーを始めとした販売ブースや展示コーナーのほか、ミュージシャンによるライブ等のイベント、お子様も楽しめる巨大滑り台など、見どころ盛り沢山の内容となっております。移動手段が心配な方向けに無料送迎バスもあるようですので、お問い合わせください。また、夜だけでなく、昼間はスノートレッキングや温泉などの楽しみもございますので、是非この機会に志津地区へと足を運んでみてください。

 

2018yukihatago-pos1024

 

日時 : 平成30年2月23日(金)~2月25日(日)、3月2日(金)~3月4日(日)

     ※ 6日間の開催、点灯時間は18:00~21:00

     ※ 初日(2/23)は17:30からオープニングセレモニー

場所 : 西川町志津地区 月山志津温泉街

費用 : 通行手形500円(中学生以下は無料)

詳細 : 「雪旅籠の灯り」公式HP

     ※ 無料送迎バスは要予約( 月山朝日観光協会 ☎ 0237-74-4119