秋田県の山岳グレーディングについて2019年3月9日

 皆さんは「山のグレーディング」という言葉をご存知ですか?

 山のグレーディングとは、登山ルート毎に必要となる体力と技術・能力をそれぞれ評価した登山の難易度を示すものです。登山者に「自分の力量にあった山選び」を促し、山を安心安全に楽しんで貰うとともに、山岳遭難事故の防止に繋げることを目的としています。本県では昨年度、山形県山岳連盟の御協力を得てやまがた百名山のグレーディングを作成し公表しておりますが、このたび、お隣の秋田県さんでも県内33座について登山の難易度を調査し秋田県の山岳グレーディングとして発表されました。

 グレーディングは全国基準の登山の「ものさし」です、これまでに本県を含め8県1地域で導入されています。自分の県内の山の難易度を比較するだけでなく、グレーディングを導入している他県の山々と比較することもできます。是非、多くの方々にグレーディングを知っていただき、山を登る際の参考にして戴ければと思います。

uploads_public_archive_0000039872_00_秋田県の山岳グレーディングHB(表紙~9ページ)_ページ_01

画像をクリックすると「秋田県の山岳グレーディング」紹介ページに飛びます。