阿部幸作氏写真展 朝日連峰 -四季と植物-2018年9月5日

朝日連峰写真展

 朝日連峰のブナの原生林や高山植物に魅せられ、「朝日のカモシカ」の異名をとった、朝日町が生んだ山岳写真家 阿部幸作氏(大正13年-平成7年)。
 
 昭和24年から旧西五百川村常盤地区で写真店を営むとともに、朝日連峰の写真を撮り始め、昭和26年に故安斉徹博士(山形大学教授)の磐梯朝日国立公園指定のための調査に同行したのがきっかけで、大朝日岳の美しさ、魅力にとりつかれ、毎年十数回、計300回以上朝日連峰に通い、多くの写真を収めました。

 その作品の一つは、昭和27年(1952)旧郵政省の磐梯朝日国立公園記念切手シリーズの「朝日岳」「月山」の原画に選ばれています。


 このたび、道の駅あさひまち『りんごの森』では、「阿部幸作氏 写真展 朝日連峰―四季と植物―」を開催します。

 これから秋の行楽シーズンを迎えます。お出かけの際は、秋の紅葉、旬のりんごと一緒に、阿部幸作氏がとらえた朝日連峰の雄大な姿をお楽しみください。

 

 

【日 時】 平成30年9月5日(水)~10月9日(火) 9:00~18:00 (最終日は16:00まで)

【会 場】 道の駅あさひまち『りんごの森』2階ギャラリー
      TEL 0237-85-0623

【入場料】 無料

【主 催】 朝日町

【協 力】 NPO法人朝日町エコミュージアム協会