山のご案内

[小又山こまたやま(おまたやま)]
標高1367m
歩行時間片道:3時間30分~4時間
 奥羽山脈の一部をなす神室(かむろ)山地は、新庄盆地と向町盆地の間に横たわり、新庄市と最上町との境に位置しています。その中で小又山は、前神室(まえかむろ)、神室山、天狗森、火打岳(ひうちだけ)と続く主稜線上に位置し、最も高い頂をもちます。
 冬季は季節風を直接受け止めるため積雪が多く、森林限界は低い位置にあります。地質学的には第三紀層の安山岩で構成されており、広く花崗岩が露出しています。そのため、海抜高度をはるかにしのぐ谷の深さで滝やゴルジュが連続する一方、尾根には偏東積雪による著しい非対称山稜の発達が見られます。
6月~10月
map29
29-01_小又山_最上観光室_砂利口から夏の小又山1砂利口から夏の小又山1
コース紹介
29_小又山
西ノ又口コース ◎片道:3時間30分 レベル:上級
西ノ又林道終点から、赤倉又沢を渡渉した対岸が登山口です。春先や激しい降雨後は、渡渉が困難となります。杉の植林地や山神様を過ぎ、1111ピークまでは急な道が続きます。その先はブナの巨木が並ぶ尾根の稜線を進み、越途(こえと)で大又口コースと合流します。山頂手前に急な草付きがあるので注意してください。

※ 融雪期や豪雨時は西ノ又沢の渡渉が困難となる場合がありますので、必ず現地の状況を確認のうえ、登山計画を立ててください。
大又口コース ◎片道:4時間 レベル:上級
沢を渡渉せずに山頂を目指せるコースです。駐車スペースから北へ300m程度のところに神室山根の崎コースの登山口があります。登り始め3合目くらいまでは急な尾根登りです。その先オオバグサの咲くブナの原生林に入ると、間もなく西の又口コースと合流する越途です。健脚者は天狗森(70分)、神室山(120分)、そして根の崎口(210分)と周遊することも可能です。

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク