やまがた山

MENU
杢蔵山に案内看板が設置されました2020年11月13日

 やまがた百名山の「杢蔵山」は神室連峰の南端に位置し、登山口は新庄市街地から近く、気軽に登れる山として市民から親しまれている山です。

 

 杢蔵山の愛好者でつくる「杢蔵山に登る会」の代表を務める星川満さんは、より快適で安全な登山のため登山道の案内看板をつくり設置しました。

 

 案内看板には、山頂まで2時間半ほど歩く山屋コース、三角山(テレビ塔)までの車道案内や、一ノ滝、三ノ滝、杢蔵山荘といったスポットが明るいイラストで描かれています。

 

 また、神室山まで縦走の入り口でもあることから、神室連峰を構成する山の位置と標高を示す案内図も描かれています。

 

 杢蔵山山頂からは神室連峰、鳥海山月山を望むことができ、登山道から山頂への稜線に出てすぐに見える「杢蔵山荘」に泊まれば美しい新庄の夜景を楽しむこともできます。

 

 ぜひ、案内看板も参考にしながら、杢蔵山登山をお楽しみください。