やまがた山

MENU
私をネイチャーセンターに連れてって3(山形県立自然博物園冬期点検)2021年2月17日

 やまがた百名山に選定されている月山姥ヶ岳湯殿山の麓に位置する山形県立自然博物園(ネイチャセンター)は冬期間(11月~翌4月)閉館していますが、園内の積雪状況等を確認するため、月1回程度博物園スタッフと一緒に現地に向かいます。2月15日(月)、天候曇りのち冷たい雨。

 今シーズン3回目の点検と、2月13日に発生した地震の影響を確認するため、雨の中、現地に向かいました。「中の者」もリハビリをかねて今回久しぶりに参戦!

 

 

今回も博物園スタッフの真鍋さんに先導をお願いしました。

前回の点検日以降積雪が増え、屋根が一部雪に覆われています。

近くに寄ると雪の塊が想像以上に大きい。。

前回はポールの先端がやっと届く高さでしたが、増えましたね。

初めて屋根に上がりました。雨でしたが、姥ヶ岳、湯殿山が奇麗に見えました。

こちら西側。

 

ネイチャーセンター周りを点検後、園路上にある展望地まで登り、眺望を妨げるカラマツ等の確認を行いました。

30年でこんなに大きくなりました

その数、20本。

 

次に志津野営場へ向かいましたが、雨足が強くなり動画撮影を中止(汗)

四阿等に積もった雪。約3mあります。

スーパーキノコ?

地震による被害は確認されず一安心です。

大雪に、地震に、強風。。。自然の脅威にさらされていますが、県立自然博物園では今週末から、軒下の除雪など来シーズンに向けた準備が始まります。