やまがた山

MENU
蔵王熊野岳避難小屋の冬季出入口扉の修繕が行われました2021年2月25日

やまがた百名山「蔵王」の熊野岳避難小屋(管理者:宮城県)は冬季出入口扉が破損していましたが、このたび修繕が終わりました。

熊野岳避難小屋」は暴風に晒される場所にあるため,扉の閉め忘れが破損につながります。

 

(以下、宮城県ホームページより引用)

ご利用にあたりましては,扉の開閉を確実にしていただきますよう,ご注意願います。

今回修繕が行われるまでの間に避難小屋の風除室内に入った雪は凍結のため,完全に除去できておりませんので,使用の際は御留意願います。

御不便をおかけいたしますが,ご理解を賜わりますようお願いいたします。

 

 

蔵王熊野岳避難小屋の冬季出入口扉の修繕を行いました(宮城県ホームページ)

 

=====以下、R3.2.5掲載情報=====

やまがた百名山「蔵王」の熊野岳避難小屋(管理者:宮城県)の冬季出入口扉が暴風等により破損したため、令和3年2月4日現在、風除室内に雪が吹き込んでいる状況にあります。

 

現在、管理者の宮城県において修理の手配をしているところですが、今しばらくこの状態が続きますので、凍結等により出入りに支障が生じる場合があります。

ご利用にあたりましてはご注意いただきますとともに、雪で使用できないことも想定した登山計画を検討いただきますようお願いいたします。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜わりますようお願いいたします。

=====ここまで=====

 

 

 

(R3.1.15の熊野岳避難小屋(扉破損前))

 

(R3.2.1現在の状況)