雲の峰いくつ崩れて月の山 ~月山さ きてけろ!2020年10月9日

 【雲の峰いくつ崩れて月の山】

 山形県では、アウトドアメーカーの株式会社モンベル様からの寄附金を活用し、国内外から訪れる登山者の皆様に安全に登山していただくため、月山ペアリフト上駅付近に案内標識を設置しました。

 多言語化された新しい標識は、現在地周辺と行先が一目で確認できます。

 紅葉シーズン真っ只中!

 月山さ きてけろ! 看板も見てけろ!(きてけろくんより)

 さて、ここで問題です。冒頭の句は江戸時代、ある俳人が月山に登り、下山後詠んだとされています。

 その俳人とはいったい誰でしょう。

 A.与謝野蕪村

 B.松尾芭蕉

 C.小林一茶

         答えは、スライド↓の最後に…

 (句訳)

 空の峰のようにそびえる入道雲が、いくつ崩れてこの月山となったのだろう。天のものが崩れて地上に降りたとしか思えない、雄大な月山のたたずまいだ。