山のご案内

[金峰山(金峯山)きんぼうさん]
標高471m
歩行時間片道:1時間30分
 摩耶連峰の北端に位置する金峯山は、国指定名勝、そして庄内海浜県立自然公園にも指定されています。金峯修験の信仰の山としての歴史があり、石碑や史跡が左右にぎっしりと立ち並んでいます。
 登山道は杉根の階段に特徴があり、憩いの山として地元で親しまれています。天気が良ければ、中の宮より先の八景台や一望台から庄内平野と鳥海山を眺めることができます。
 山頂にある金峯神社本殿は国指定重要文化財に指定されており、慶長年間の建築様式が保存されています。
2月下旬(山開き祭り)~11月中旬
map65
2-01金峰山_鶴岡市_新緑の金峰山新緑の金峰山
コース紹介
35_金峰山_完成ルート
青龍寺コース ◎片道:約1時間30分 レベル:初級
東北自然遊歩道「庄内平野展望と清正公のみち」として指定されているトレッキングコースです。青龍寺から金峯神社中の宮を進み、眺望の良い八景台を通り、山頂へ向かうコースになっています。下りは上った道を戻ります。中の宮社務所前に「里の名水・やまがた百選」に選ばれた「閼伽井の清水(あかいのしみず)」があり、多くの人がこの水を求めて訪れています。

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク