山のご案内

[倉手山くらてやま]
標高952m
歩行時間片道:2時間
 飯豊連峰の雄大な景色を見渡す限り楽しむことができるとして、人気のある山です。展望の良い山頂の広場に立つと、左手の地蔵岳(1,539m)から飯豊本山(2,105m)、北股岳(2,025m)、地神山(1,850m)、右手の杁差岳(1,636m)まで、眼前に迫りくるように立ちはだかる山々の威容が、圧倒的な美しさを見せてくれます。
 春の登山道では、シャクナゲやツツジをはじめ、色とりどりの花々を目にすることもできます。
5月~11月上旬
map89
【倉手山】小国町にある倉手山は、飯豊連峰の雄大な景色を見渡す限り楽しむことができることから、人気のある山です。西俣尾根から倉手山
コース紹介
48_倉手山_完成ルート
倉手山登山コース ◎片道:2時間 レベル:中級
梅花皮荘への入り口である大淵橋との分岐より1.4kmのところに、倉手山登山者用の駐車場があります。登山口の道標があるので、そこから登ります。30分位かけて急峻を登ると、緩い登りとなり展望が開けます。ヒメコマツが立ち並ぶ稜線をたどりつつ、鞍部を越え、最後の急斜面を登りきると山頂になります。

※5月下旬頃まではゲートが冬期閉鎖のため、梅花皮荘の駐車場を使用し、車道を歩いて登山口にアクセスします。

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク