Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanMalayPortugueseRussianSpanishThai

やまがた山

やまがた山

MENU
山のご案内
山のご案内

笙ガ岳 しょうがだけ

1635m
片道:3時間10分~4時間
7月~8月
体力度:4 技術的難易度:B

長坂道コース

 鳥海山系の中でも「西鳥海」と呼ばれる笙ガ岳。多彩な高山植物も、多くの登山者を引き付ける魅力のひとつ。シーズンとなれば、一面のニッコウキスゲやハクサンイチゲが咲き誇り、残雪との美しいコラボレーションを見せてくれます。東にはお花畑の先にそびえる新山、眼下には青く広がる日本海。稜線ならではの眺望を満喫しながらの昼食は、また格別です。

ニッコウキスゲと残雪の笙ガ岳
月山森より望む笙ガ岳・馬ノ背
長坂道よりハクサンイチゲと初夏の笙ガ岳雪渓
月山森より10月草紅葉の笙ガ岳
長坂道より6月の笙ガ岳雪渓
コース紹介
コース紹介
吹浦口コース◎片道:3時間10分
大平(おおだいら)登山口からのルートを進むとブナ林の森林限界を越え、清水大神を過ぎたあたりから高山植物がとって代わります。長坂道T字分岐では眺望が開け、雄大な山岳景観が目の前に広がります。このT字分岐を右手に進み、三峰、二峰と清々しい稜線の道をたどりながら、一面のハクサンイチゲが待つ笙ガ岳山頂を目指します。
長坂道コース◎片道:4時間
長い尾根道を登るルート。出発してすぐに高瀬峡との分岐点に出るので、右手の長坂道へ進みます。次の分岐点では、広く刈払いされた方の道を進んでください。しばらく雑木林の中を歩くと、登山道脇に堅餅岩(かたもちいわ)という大きな岩があります。この岩を過ぎると、道の傾斜が増してきます。登山道は赤土のため、濡れていると滑りやすくなります。さらに歩くと視界が開け、ガラ場に出ます。そこから約2時間で山頂です。
二ノ滝コース◎片道:4時間
出発地点の一ノ滝駐車場から、しばらく林道をたどり、林道終点から山道に入ります。林道終点から山道に入っていきます。万助道十字路を右に折れると、まもなく檜ノ沢(ひのそ)の清流が流れる渡戸(わたど)に出ます。渡戸の分岐では、沢を渡り進みます。40分ほど進むとガラ場に着きます。そこから約2時間進むと、尾根が次第に広くなり笙ガ岳に着きます。
お知らせ
お知らせ
おすすめ観光情報
おすすめ観光情報