冬期間の避難小屋の取扱いについて2018年11月30日

 いよいよ県内の主だった山岳地は白く染まり、冬の到来です。

山形県では県内の各山域に合計10ヶ所※の避難小屋を設置しておりますが、全ての小屋については小屋閉めが行われ、冬期間の仕様となっております。つきましては、緊急時に利用する際には戸締りの徹底、トイレは冬季用のものを使用するなど、小屋内の注意書きに従ってご利用いただくようにお願いいたします。また、県以外が管理する山小屋についても管理者の注意書きに従ってご利用ください。

 

※ 朝日連峰:日暮沢、狐穴、天狗角力取、竜門、大朝日、鳥原山

       (この他に環境省が設置した以東岳避難小屋)

  飯豊連峰:梅花皮(北股岳)

  吾妻連峰:西吾妻、弥兵衛平(明月荘)

  月山:念仏ヶ原

IMG_9873

(朝日連峰)晩秋の狐穴避難小屋と以東岳