山菜採りに伴う事故にご注意を!2019年4月10日

 山形県内ではこれから山菜採りのシーズンを迎えます。

 山形県内の平成30年中における山菜採り(4月~7月)中の山岳遭難(事故)は、14件15名(うち死者4名、行方不明1名)でした。

 平成30年の山岳遭難に伴う死者は全体で9名であり、44%の方が春の山菜採りで亡くなっています。


【このような事に注意して入山しましょう!】

・一人では行かず、行き先や帰宅時間を家族に告げ、早立ち早帰りをする
・クマ鈴、ラジオ、食料、水、雨具、携帯電話を忘れずに
・万が一の通報のため携帯電話のGPS機能を有効に
・体力に不安、体調の悪い時は山に入らない。途中でも下山する
・道に迷ったらむやみに動き回らず、見晴らしの良い場所で助けを待つ
・クマに注意!子グマのそばには親グマがいるので、絶対に近づかないこと!
・クマに遭遇したら声を出さず、騒がず、背中を見せずにゆっくりと後ずさりし、その場を離れること!


【その他】
・こまめな水分補給を心がけましょう
・服装は目立つ色を心がけましょう
・気温が低くなることを念頭に、防寒対策をしましょう
・雪崩に注意しましょう

 

【登山届の提出について】
 登山届は県警ホームページからも提出できますのでご利用ください。