活発化するスズメバチに注意!2019年9月11日

夏から秋にかけては、スズメバチが最も活発に動き回る時期です。

特に9~10月にかけては営巣期で、スズメバチの攻撃性も高いと言われています。

地中に巣を作ることも多く、気づかないうちにスズメバチの攻撃範囲に入ってしまうこともあります。

 

〇スズメバチに刺されないようにするために

 ・スズメバチは、まずは偵察に来ることが多いとのこと。

  手で振り払ったりせず、静かに遠ざかるのを待ちましょう。

  カチカチという威嚇音を出したら危険信号です。

 ・黒い色を攻撃したり、制汗剤・整髪料等の匂いに寄ってくるという

  習性があります。これらの着用・使用は控えたり、帽子をかぶって

  髪を隠したりしましょう。

 

〇スズメバチに刺されたら

 すぐに医療機関を受診することが第一ですが、山の中ではなかなかそうはいきません。

 ・ポイズンリムーバーで患部から毒を吸出し、水で洗い流しましょう。

  ポイズンリムーバーはパーティに一つあると安心です。

 ・抗ヒスタミン剤含有ステロイド軟膏を塗りましょう。

 ・震え等の症状がでないか、安静にして様子を見ましょう。

 ・アナフィラキシーショック症状が出たら死に至る場合がありますので、

  すぐに救助を呼びましょう。

 ・過去にスズメバチに刺されたことがある方は、エピペン等のショック対策薬を携行しましょう。