山のご案内

[水晶山すいしょうざん]
標高667m
歩行時間片道:1時間~1時間30分
 水晶山は、天童市と東根市の境に位置しています。気軽に散策が楽しめる里山として人気があります。古くから信仰の対象となっており、雷神を祭った「水精山」が語源とも、山頂で水晶が取れることから名づけられたとも言われています。山頂の水晶山神社のほか周辺には多くの史跡が残っています。
 川原子コースと猪野沢コースの2コースがあり、それぞれの登山口を結ぶ連絡路は徒歩30分程度の距離なので、周遊も可能です。
5月~11月中旬
map26
26-xx_水晶山_晩秋の水晶山(天童市山口荒井原の棚田)晩秋の水晶山
コース紹介
水晶山
川原子コース ◎片道:1時間~1時間30分 レベル:初級
天童市からのコースです。
登山口の駐車場にトイレがあります。ここから徒歩で登山道を上ることもできますが、更に先の六角堂(休憩所)まで車で行くこともできます。登山口の駐車場から六角堂までは徒歩で約20分です。六角堂からはやや本格的な登山道になりますが、よく整備されているため初心者でも大丈夫です。途中の見晴らし台からは、眼下に山形盆地、遠くに月山や朝日連峰が望めます。見晴らし台から先は、「滑石」の標識を過ぎればあとはなだらかで、水晶山神社の裏に石造りの奥の院、その後ろに山頂の三角点があります。
猪野沢コース ◎片道:1時間 レベル:初級
東根市からのコースです。
楯畑集落を抜けた先にある祠から登山道が始まります。川原子コースよりはやや険しい道になりますが、途中に天狗岩、神楽岩という巨岩、奇岩があります。天狗岩からは水晶山山頂方面を展望できます。神楽岩から先は岩がちな急登になります。雨天時などは滑りやすいため、特に下りでは注意してください。

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク