山のご案内

[経ヶ蔵山きょうがくらさん]
標高474m
歩行時間片道:1時間10分~20分
 山名が頂上付近にある「経瓶経塚」に由来する、古くから近隣の人々の信仰を集めてきた歴史のある山です。また、かつては修験の山でもありました。「猿渡り」「胎内くぐり」など面白い名称の場所や、庄内を代表する名瀑「十二滝」があります。山頂からの展望が素晴らしく、出羽丘陵の眺望には圧倒されます。また、天気次第では日本海や鳥海山が綺麗に見えます。岩場や急峻なのぼり等がある険しい側面もありますが、登山道は充分整備されており、安心して登ることができる里山です。

※ 現在、十二滝口コースについて林道崩落事故のため通行止めとなっています(2018年春に復旧予定)
5月~10月
map48
【経ヶ蔵山】酒田市にある経ヶ蔵山は古くから近隣の人々の信仰を集め、かつては修験の山でもありました。冬の経ヶ蔵山(中野俣集落から)
コース紹介
25_経ヶ蔵山_完成ルート
円能寺口コース ◎片道:1時間20分 レベル:初級
円能寺集落から経ヶ蔵沢沿いの林道を進むと若干の駐車スペースが現れ、ここから登山道に入ります。急な尾根道を過ぎると、かつて修験の山だった時代の名残の「猿渡り」「胎内くぐり」「座禅岩」といった修験スポットが連続します。途中、ハシゴ場や崖沿いを歩くので注意しながら進んで下さい。登山道沿いには、四季折々の山野草を見ることができます。石仏や経塚がある露岩地帯を過ぎ、ひと登りすると山頂です。山頂には展望台があり、素晴らしい眺望を味わいながら休むことが出来ます。
十二滝口コース ◎片道:1時間10分 レベル:初級
名瀑「十二滝」側から北の尾根道を登るコースです。鹿島集落から十二滝へと向かい、滝の茶屋を越え更に林道を進んだところに駐車スペースがあり、ここからが登山道です(暫くは林道を併走)。
歩き出すと間もなく右手に十二滝への遊歩道が現れますが、経ヶ蔵山には真っ直ぐ林道を進みます。相沢川にかかる赤い橋を渡ると登山の始まりです。いきなり急な登りが続き、その後美しいブナの尾根道を進みます。須弥檀岩(しゅみだんいわ)を越えれば山頂までは残り僅かです。

※現在、林道崩落事故により滝の茶屋で通行止めとなっており、十二滝口コースからの登山は出来ません(2018年春に復旧予定)

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク