山のご案内

[徳網山とくあみやま]
標高788m
歩行時間片道:2時間
ブナの原生林が広がる山で、登山道ではその美しさを十分に堪能できます。春には新緑のブナ林や群生するユキツバキの花々、秋にはブナの黄葉に加えて、山頂付近に群生するナナカマドの燃えるような紅葉が楽しめます。
山頂は大変見晴らしが良く、360度の大パノラマが広がっており、北に朝日連峰、南に飯豊連峰、西に日本海、北東に祝瓶山と白太郎山を望むことができます。
また、毎年開催されているイベント「雪の学校」の、“マタギと森のハイキング”の場所としても親しまれています。
5月~11月上旬
山案内45
OLYMPUS DIGITAL CAMERA徳網山を仰ぐ
コース紹介
45_徳網山_完成ルート
徳網山登山コース ◎片道:2時間 レベル:中級
登山口周辺の杉林を抜けるとブナ林に入ります。道はブナなどの落ち葉でふかふかの絨毯の上を歩くような感じです。北西方向へ尾根筋を登っていくと、右手の樹間に徳網山の姿が見えてきます。稜線に出て右(北東方向)へ曲がると、しだいに木がまばらになって痩せ尾根となり、山頂に到達します。山頂手前は一部岩尾根になっているため、注意が必要です。

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク