山のご案内

[八向山やむきやま]
標高206m
歩行時間片道:1時間40分(八向楯跡までは40分)
 新庄市の南西部にある本合海地区の最上川右岸に位置する山です。
 八向山山頂には八向楯が中世に築かれた歴史があり、最上川側に突き出た尾根筋を二重・三重に断ち切って、本丸・二の丸・三の丸の郭を区画し、それぞれの境に薬研(やげん)堀の二重の深い空堀を設けられました。本丸の南側は最上川に面した高い断崖で、この脚下を洗う激流により、かなり浸食されています。本丸南面の白い断崖中腹に祀られている矢向神社は、平安時代前期、貞観16年(874)の昔、政府から従五位を授けられた式内社「矢向神」とされ、兄頼朝と対立し奥州平泉に向う源義経も「矢向大明神」を伏し拝んだと「義経記」に記されています。
6月~10月
map41
41-01_八向山_みどり_対岸から眺める八向山7対岸から眺める八向山
コース紹介
41_八向山
八向山登山コース ◎片道:1時間40分(八向楯跡までは40分) レベル:初級
国道47号を新庄から戸沢方面に進み、内川橋の直前で右折し川沿いに進んだ八幡神社が登山口です。神社の下に6台程度の駐車が可能です。歩き始めて10分程で揚水機場を脇に山側へと直進し、80mほどで杉が目印の橋を左折し、小川を渡り本格的な登山道に入ります。15分ほど歩くと稜線に辿り着き、ここから山頂までは稜線沿いに北上します。しかし、現在、ここから山頂までは藪化が激しく、歩行は困難な状態です。冬場の草枯れ時期であれば、スノーシュートレッキングでの登頂が可能です。
その代わりに、このポイントを左折し南下すると八向楯跡へと辿り着きます。八向楯跡では最上川を眼下に見下ろすことが出来ますが、落下の危険性が高いので気を付けて下さい。
また、対岸にある本合海大橋の麓から、最上川を挟んでの八向山の急峻な岩肌と勇壮な山容も見応えがあります。

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク