山のご案内

[小朝日岳こあさひだけ]
標高1647m
歩行時間片道:5時間~6時間
 登山時間が長く体力を要するコースのため、入念な準備が必要です。登山口の朝日鉱泉から鳥原山近くまでは森林が続きます。金山沢を越えるポイントがありますので、通行に注意してください。金山沢付近には水場もあります。鳥原山避難小屋近くでも給水が可能ですが、登山道沿いではありません。鳥原山展望台からは、朝日連峰のパノラマが望めます。小朝日岳に近づくにつれ低木となり、急な斜面を登るポイントがあります。
 夏季は朝日鉱泉まで、登山バスが運行されています。
6月~10月
map71
【小朝日岳】小朝日岳は、新潟と山形の県境をなす朝日連峰の主峰、大朝日岳の北東に位置しています。紅葉の小朝日岳
コース紹介
71_小朝日岳
日暮沢コース ◎片道:5時間 レベル:中級
西川町の日暮沢小屋からハナヌキ峰を経由し、小朝日岳を目指すコースです。登山口には駐車場があります。灌木帯を抜けると、古寺山からは朝日連峰を一望するパノラマの稜線歩きを楽しめます。
朝日鉱泉コース ◎片道:6時間 レベル:上級
登山時間が長いため、入念な準備が必要です。登山口の朝日鉱泉から鳥原山近くまでは森林が続きます。金山沢を越えるポイントがありますので、通行に注意してください。金山沢付近には水場もあります。鳥原山避難小屋近くでも給水が可能ですが、登山道沿いではありません。鳥原山展望台からは、朝日連峰のパノラマが望めます。小朝日岳に近づくにつれ低木となり、急な斜面を登るポイントがあります。夏季は朝日鉱泉まで、登山バスが運行されています。

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク