山のご案内

[(村山)天狗山(むらやま)てんぐやま]
標高403m
歩行時間片道:40分
 天狗山は西川町中心部から寒河江川を挟んだ対岸に位置し、標高403mと小ぶりながらも山容の美しい山です。
 天狗山という名前の由来はその昔、頂上に見える岩がまるで天狗が座って八方を睨んでいるかのように見え、この山で起こる不思議な現象は全て天狗の仕業だと信じられたことから、と言われています。
 トレッキング感覚で登ることができ、地元の方からも親しまれている里山です。
7月~10月
map77
【(村山)天狗山】天狗山は西川町中心部から寒河江川を挟んだ対岸に位置し、標高402mと小さいながらも山容の美しい山です。天狗山全景
コース紹介
77_天狗山
天狗山登山コース ◎片道:40分 レベル:初級
西川町原集落内にある看板「天狗山遊歩道口」が登山口です。近くに数台駐車可能なスペースがあります。看板から石階段を上がり、赤い鳥居を越え、熊野神社を右に巻いた先にある案内板からが本格的な登山道となります。登山道はしっかりと道付けされていて、尾根伝いのなだらかな道が続きます。一部、木製階段も整備されている、歩きやすい道です。途中、からかさ松、二本松、夫婦松といった見所を経て「休み場」という旧道との合流点に至ります。合流点から一登りすると山頂です。山頂は広場になっており、ベンチ、鐘と祠があります。山頂からは眼下に寒河江川と西川町内を、その先には寒河江方面が、正面には月山と葉山の雄大な姿を目にすることができます。帰りは気分を変え、合流点から旧道で下山しても良いでしょう。但し、少し道が粗めですので、ご注意ください。

お知らせ おすすめ観光情報 お問い合わせリンク