やまがた山

MENU
山のご案内

[御所山 (船形山)ごしょざん (ふながたやま)]
標高1500m
歩行時間片道:3時間~6時間
 御所山(船形山)は、山形・宮城両県の県境にある船形連峰の主峰です。
 周辺は御所山県立自然公園に指定され、美しい渓谷や高山性の植物、ブナの原生林など、特色ある景観を見せてくれます。また、付近には落差約300mの岩壁を有するロッククライミングのメッカ、黒伏山もあります。
6月中旬~10月
5
B
尾花沢(クラビ)コースの場合
山容
コース紹介
尾花沢(クラビ)コース ◎片道:5時間~6時間
山小屋「御所山荘」(水場、トイレ有)の先までは車の乗り入れが可能ですが、その先の林道は車両通行止めのため、徒歩で進むことになります。登山口から落合の分岐までは広くなだらかな林道が続きます。
落合の分岐から東進するとクラビコースです。各所において崩落しており、自然落石がある他、足場が悪く掴む所がない場所もありますので、ヘルメット着用・ロープ持参を推奨します。川を渡渉する際と分岐での道迷いには注意しましょう。山頂には避難小屋があり、トイレを利用できます。

落合の分岐から南下すると、層雲峡コースです。沢登のコースになり、通常の登山の装備ではなく、沢登の装備が必要です。沢登初心者は経験者同伴を推奨します。尚、エスケープ不能で、増水時は極めて危険なため、決して通らないでください。渓谷の途中に大沢小屋(避難小屋)があります。大滝~追分間は、崩落と藪化のため、通行できません。
観音寺コース ◎片道:約3時間
東根市からのコースです。
黒伏高原のスキー場の先から林道に入り、林道の終点が登山口です。ここまでは車の乗り入れが可能です。登山口から30分ほど坂を登ると粟畑の十字路に着きます。
十字路を直進し、仙台カゴ、楠峰のトラバースを過ぎるとブナ林の緩やかな道になります。ここまでは楽に進めますが、最後に400mほどの標高差を一気に登る急登が待っています。

山小屋情報
船形山頂避難小屋
柳沢小屋
御所山荘(準備中)
お知らせ 2021.02.14【2月13日発生の地震関係】山岳地域では雪崩・雪庇崩壊にご注意ください(更新しました)
2020.01.17冬眠から目覚めたクマに注意!(R2.1.17 富神山でクマ目撃)
2018.08.24御所山 市民登山の開催について
おすすめ観光情報 お問い合わせリンク