やまがた山

MENU
山のご案内

[摩耶山まやさん]
標高1019m
歩行時間片道:2時間30分~3時間
 摩耶山は、新潟県との県境近くにある山です。1000mを若干越える程度の標高ながら、極めて峻険な山です。
 山頂からは、月山や朝日連峰の山々から日本海まで、素晴らしい眺望が楽しむことができます。
6月~10月
2
C
越沢コース~追分ルート周回の場合
摩耶山
コース紹介
倉沢コース ◎片道:3時間
鶴岡市(旧朝日村)からのコースです。
摩耶山の東側から登るコースで、登山口から尾根に取り付くと急な登りが始まります。しかし、本番は御宝前(水月)分岐から。右手の水月(ソリクラ)コースは足場が悪く、雪渓もあるため上級者向きのコースです。左手の中道コースもクサリやハシゴが続く難路です。登山口から山頂までの距離はそれほどありませんが、登山道及びクサリやハシゴの設置状況(例年だと、6月上旬に設置し、10月下旬に撤去されるが、残雪・降雪の状況によって前後する。)を必ず確認して、余裕のある登山計画を立ててください。

※鶴岡駅から倉沢口(登山口まで約4.5km)までバスがあります。
越沢コース ◎片道:3時間
鶴岡市(旧温海町)からのコースです。
摩耶山の西側から登るコースで、登り始めてしばらくは川沿いの道を進みます。弁財天の滝のわきのハシゴを登った先に十字路があり、右折すると七ツ滝を経由して関川コースに出ることができます。直進し、中尾根の長い急な登り坂を登りきると、摩耶山山頂です。

※あつみ温泉駅から越沢(登山口まで約3km)までバスがあります。
関川コース ◎片道:2時間30分
鶴岡市(旧温海町)からのコースです。
摩耶山の西側から登るコースですが、越沢コースと異なり、最初からひたすら尾根筋を登り続けるコースです。コースの中ほどに2箇所、越沢コースとの連絡路があり、より標高の高い七ツ滝経由の連絡路との分岐付近に避難小屋(水場あり)があります。

※あつみ温泉駅から関川(登山口まで約4km)までバスがあります。

エリアマップ(PDF)

摩耶山倉沢口マップ(鶴岡市朝日庁舎)

摩耶山登山マップ(関川口・越沢口)(鶴岡市温海庁舎)

摩耶山パンフレット(あつみ観光協会)

山小屋情報
摩耶山避難小屋
お知らせ 2021.09.14NHK山形放送局「やまがた百名山」放送予定
2021.06.29摩耶山(倉沢口)登山情報(令和3年6月21日更新)
2021.06.21R3.6.29のNHKやままる「やまがた百名山」は摩耶山
2021.05.18摩耶山、今年度の山開きは中止
2021.02.14【2月13日発生の地震関係】山岳地域では雪崩・雪庇崩壊にご注意ください(更新しました)
2020.01.17冬眠から目覚めたクマに注意!(R2.1.17 富神山でクマ目撃)
2019.10.18摩耶山(倉沢口)登山情報 今シーズンの梯子・鎖の撤去情報
2019.08.09やまがた百名山のドローン空撮動画について
おすすめ観光情報 お問い合わせリンク